昭和万葉の森

ショウワマンヨウノモリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

公園

宮城県|黒川郡大衡村

<利用時間> 4月から10月:午前9時から午後4時30分まで11月から3月:午前9時から午後4時まで <休 園 日> 年末年始(12月28日から翌年1月4日まで) <入 園 料> 無料  平成元年に開園した昭和万葉の森は、昭和天皇御在位60年を記念して、昭和30年に第6回全国植樹祭が行われた平林地区の松林(御成山)と、これに隣接する落葉樹林とをあわせた総面積23ヘクタールの区域に、万葉植物を主体とする森林公園を造成したものです。万葉集の中で読まれている植物を通じて、歴史・文化・自然・科学等の学びの森として、また森林浴による健康増進の場として利用されています。 1.施設の概要:園内には万葉植物記念林や湿生植物園などがあり、万葉植物のほとんどを含めおよそ520種の植物が自生・植栽されています。また、遊歩道は11本(その他の車歩道を含め)、5,659メートルが設けられており、その沿道には48基の万葉歌碑が設置されています。中央部には歌会などの催しに使える集会棟(48畳の広間と8畳の茶室)と、万葉集や万葉植物などを紹介した展示棟兼管理事務所があります。また、万葉の森に隣接して、万葉茶屋(食事処・休憩所)、ふるさと美術館(菅野廉記念絵画常設展示)、万葉クリエートパークなどがあります。 2.園内の見どころ  (1)万葉の館周辺:館の前庭には万葉集最初の歌「こもよみこ持ちふくしもよみぶくし持ち・・・」(第21代雄略天皇御製歌)の碑が建てられています。また、かたくりの池やあじさい園などがあります。(2)御成山周辺:昭和30年4月6日全国植樹祭が行われ、昭和天皇・皇后両陛下が、赤松を植えられました。約6ヘクタールの敷地には、約27,000株のやまゆりが咲き誇り、例年7月上旬~下旬にかけてやまゆりまつりが開催され、日本一の群生地として大勢の方が訪れます。(3)アジサイ園手前に縁結び、夫婦円満、良縁成就の神木とされる「連理木」のパワースポットがあります。あわせて13の連理木が園内にあります。(4)万葉植物記念林:昭和天皇御在位60年を記念し、万葉集に関わりのある樹木100種類、合わせて150本が植栽されています。(5)もみちばの道にはかつて炭焼きをしていた「里山遺産」ともいうべき炭焼窯小屋が復元されています。(6)ブナ広場周辺:ブナ広場は、園内の南側の高いところに位置し、高山植物のブナが植栽されています。四阿からは船形連峰や七つ森を眺めることができます。

基本情報

所在地 〒981-3602 宮城県黒川郡大衡村大衡字平林117
TEL 022-345-4623
FAX 022-341-2834
問合せ先 昭和万葉の森管理事務所
〒981-3692 宮城県黒川郡大衡村大衡字平林117
TEL 022-345-4623
FAX 022-341-2834
予約 TEL 022-345-4623
ホームページ http://ohira-manyo.co.jp/

営業期間 開園時間
4月1日〜10月31日 9:00〜16:30 4月~10月
11月1日〜3月31日 9:00〜16:00 11月~3月
休園日
12月28日〜1月4日

アクセス ・東北自動車道大衡ICから車で5分
・仙台駅からバスで50分高速バス「仙台大衡線」又は「仙台加美線」「大衡村役場前」バス停で下車 「大衡村役場前」バス停から徒歩で5分

見学・所要時間 60分

周辺のスポット情報