生身天満宮秋季例祭

イキミテンマングウシュウキレイサイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

京都府|南丹市

子供みこしの練り歩きや稚児行列、露店が多数あり賑わいます。この地は菅原道真の行地であったと伝えられ、武部源蔵が道真を在世中に奉祀したところから生身天満宮と呼ばれ、最古の天満宮と伝えられています。 今年は園部藩立藩400年を記念して、生見天満宮に現存する祭礼絵巻を模して、神幸行列の巡行が行われます。(生見天満宮出発、園部藩ゆかりの地巡行)

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒622-0002 京都府南丹市園部町美園町1号67
問合せ先 生身天満宮
〒622-0002 京都府南丹市園部町美園町1号67
TEL 0771-62-0535
FAX 0771-63-6481
ホームページ http://www.ikimi.jp/

営業期間 開催
2019年10月20日日曜日 ※毎年10月第3日曜日、宵宮祭は前日

アクセス ・JR園部駅西口から徒歩で12分
・京都縦貫道八木西ICから車で5分

その他 火災除け御神札(秋祭り限定)

開催地 生身天満宮

周辺のスポット情報