谷秦山屋敷跡及び墓

タニジンザンヤシキアトオヨビハカ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

その他名所

高知県|香美市

谷重遠(谷秦山)は江戸時代の儒学者です。土佐天文学の先駆者でもあり、高知城の位置が北緯三十三度半強と測定したのは、伊能忠敬より一世紀以上も早い段階だったといわれています。四十歳のとき五代目藩主山内豊房に召されて高知に移り、藩士たちに講義をしました。 死後も学問は子孫と門人に受け継がれて、土佐藩教学の中心となり、多くの人材を輩出してのちの明治維新の原動力となりました。 現在は学問の神様として親しまれ、多くの人が合格祈願に訪れます。 国指定史跡です。

基本情報

所在地 〒782-0038 高知県香美市土佐山田町秦山町
問合せ先 香美市教育委員会生涯学習振興課
〒782-8501 高知県香美市土佐山田町宝町1-2-1
TEL 0887-53-1082
FAX 0887-53-5226
ホームページ http://www.city.kami.kochi.jp/map/tanijinzan.html

アクセス ・JR土佐山田駅から徒歩で15分1.2Km
・高知自動車道南国ICから車で10分6Km

周辺のスポット情報