披雲閣(旧松平家高松別邸)

ヒウンカクキュウマツダイラケタカマツベッテイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

香川県|高松市

【平成23年(2012年)に国の重要文化財に指定】 江戸時代にもこの場所に、約倍の規模で政務が行われる場所、藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御2殿があった。 現在の披雲閣は、高松松平家の12代当主頼寿伯爵が大正3年から、3年余りの歳月をかけ大正6年(1917年)に完成したものである。 この建物は松平家の別邸として建てられたが、その一方で、香川を訪れる賓客をもてなす迎賓館としての役割も持ちあわせていた。建築的特色としては、伝統を踏まえた意匠は近世以来の正統的書院造としていささかの破綻もなく、伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっている。現在は貸館として利用されている。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒760-0030 香川県高松市玉藻町2-1 玉藻公園内
TEL 087-851-1521
問合せ先 玉藻公園管理事務所
〒760-0030 香川県高松市玉藻町2-1
TEL 087-851-1521
FAX 087-823-6390
ホームページ http://www.takamatsujyo.com/

営業期間 開園
5:30〜19:00 時間は季節によって異なる
休園
12月29日〜12月31日

アクセス ・JR高松駅から徒歩で5分
・ことでん高松築港駅から徒歩で1分

料金 子供 100 円 (6歳以上16歳未満)
大人 200 円 (16歳以上)
6歳未満は無料

文化財 国指定重要文化財
 作成年代:大正時代  指定年:2012 年
その他 貸館として利用されており、使用していない時間にボランティアガイドの案内で見学可能。

駐車場 無料 57台 玉藻公園東入口
  • クチコミを見る(19件) 旅行のクチコミサイト フォートラベル

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報