秋田県南の温泉・食・運動を組み合わせた「健康増進型観光」

場所
秋田県南
運営主体
医観連携(健康増進)型観光推進実行委員会
※観光分野と保健医療分野などの関係各所が連携・協働し、健康増進型観光サービスの提供体制をとった。
テーマと目的
『温泉・食・運動を組み合わせた「健康増進型観光」』
  • 秋田県南の地域(仙北・平鹿・雄勝地域:横手市など4市2町1村)が一体となり、「医療」と「観光」をキーワードに地域の名産(温泉、食事、運動、森林、伝統芸能など)を生かした新たな「健康増進型」観光を展開、地域づくりにもつなげる。
概要
「横手と湯沢小安峡の温泉・食事・運動を味わう旅」コース
詳細はこちらから
「秋田県南(横手・美郷・大仙)の温泉・食・歴史を味わう旅」コース
詳細はこちらから
こんな方にお勧め
50代から70代の夫婦。

参加者の声

○印象に残ったメニューは「森林浴」、「ウオーキング」

  • 森林浴は長い時間山道を歩いたが、ブナやヤチダモの木、風のざわめき、土のにおいに癒され、疲れなかった。
  • 町歩きや歴史散策で心豊かにさせられた。案内人の話を聞きながら遠い時空に思いをはせ、至福の時間だった。
  • 六郷の湧水群は湧水の美しさと町並みのおもしろさが混じり合い、観光資源として可能性が高いと感じた。健康の観点から所要時間や消費カロリーも計算された「町歩きコース」を設定するとか、商店街の各商店の入口に町歩きパンフレットを置くだけで観光客へのホスピタリティ向上につながる。静岡県三島市に湧水と商店街を組み合わせた町歩きの取り組みもある。

○楽しかったメニューは「そば打ち体験」、「昔話語り鑑賞」

  • そば打ちは、知らない方達と一緒に練ったり、のばしたり、切ったりと、子供に戻った感じで楽しかった。ゆでてもらいおいしく食べた。
  • 昔語りは、ラジオやテープを聞くのと違い、語り部の表情・動作・声のトーンが生き生きとしていた。方言もとてもよかった。

○改善や工夫を要するメニューは「健康チェック」、「健康講話」

  • 健康チェックでは測定値をもとに保健師や栄養士など専門家からアドバイスが受けられる健康相談の時間があればと感じた。
  • 手足・膝・腰など体全体を使う、軽い運動を加えてもよいのではないか。室内や畳の上でもできる「ヘルスアップ体操」など中高年に人気があるのではと感じた。

町歩き(美郷町・六郷湧水群)

▲町歩き(美郷町・六郷湧水群)

足湯・湯沢市小安峡

▲足湯・湯沢市小安峡



地域データ

秋田県南部に位置する大仙市、仙北市、横手市、湯沢市、美郷町、羽後町、東 成瀬村の4市2町1村。

  • 奥羽山脈の西側に位置し岩手・宮城・山形3県と接する総面積約4,047kuの地域は広大な横手盆地に日本有数の穀倉地帯が広がり、人口約32万9千人が暮らす。
  • 栗駒国定公園、田沢湖抱返り自然公園の四季折々の豊かな自然、乳頭温泉郷、秋の宮温 泉郷などの豊富な温泉、みちのくの小京都角館、横手のかまくら、大曲の全国花火大会 などの祭り・イベントに年間約1,632万人の観光客が訪れる。
  • 稲庭うどん、横手焼きそば、日本酒、川連漆器、樺細工なども有名である。
  • 奥羽山脈の西側に位置し岩手・宮城・山形3県と接する総面積約4,047kuの地域は広大な横手盆地に日本有数の穀倉地帯が広がり、人口約32万9千人が暮らす。
無断転載を禁止します。 (c)JAPAN TRAVEL AND TOURISM ASSOCIATION