カリキュラム

接客スキル・マインドアップ研修

講  師ザ・アール

ザ・アールの社名は、人材確保“Recruit”、再生“Renaissance”、再活性化“Revitalization”、そして現代のあらゆる面に革命を起こすこと”Revolution”、これらの頭文字である<R>をとったものです。設立後33年間、官公庁や民間企業における教育研修事業を通じて得た「人材育成」に関する豊富な実績とノウハウから、完全オリジナルな研修をご提案致します。

所要時間:2~3時間

※【A】+(【B】~【G】から選択下さい)
※1クラスの参加者は25名様を上限とします。25名様を超えた場合、25名様単位でアシスタント講師1名が必要になります。クラスを分けることも可能ですが、クラスを分けた数の謝金額が必要になります。旅費は派遣人数分の旅費をご負担いただきます。

コース 内容 時間
[A] CS・接客スキルアップ研修
・お客様が「観光」に期待していること
・CSとホスピタリティについて考える
・接客・接遇の基本原則を体得する
 (品位のある挨拶、豊かな表情づくり、洗練された⾝だしなみ、
スマートな動作、正しい⾔葉づかいなど)
・第一印象、空間管理の重要性
・おもてなしの心を伝えるために
90分

(+)

コース 内容 時間
[B] ホスピタリティ・マインドアップ研修(実践編)
・ホスピタリティ~お客様の期待を超える“おもてなし”を考える
・ホスピタリティマインド~“志”を持つ
・ホスピタリティスキル~五感を活用して気づきのアンテナを磨く
90分
[C] おもてなしの心を伝える品格ある言葉づかい
・敬語の種類と使い方/間違えやすい表現を学ぶ
・正しい日本語表現
・気持ちを伝えるボキャブラリーを増やす
90分
[D] クレーム応対研修
・リスクマネジメントとしてのクレーム
・クレーム(苦情)とコンプレイン(不満・文句)の違い
・クレーム応対の基本~お客様の怒りを鎮める対応のステップを
学ぶ
・実践ロールプレイング
90分
[E] 電話・訪問・来客応対研修
・電話の受け方、かけ方、取り次ぎ方、慣用表現、練習問題
・訪問・来客の心構え、流れ、慣用表現
・席次のマナー(応接室、会議室、乗り物、エレベーター)
・セキュリティマナー(SNS対策含む)
90分
[F] 日本ファンを増やすインバウンド旅客応対研修
・外国の文化と日本の文化の違いを知る
・国際的なスタンダードマナーを理解する(プロトコール/国際
儀礼)
・外国人の求めているサービスについて考える
~日本流の「お・も・て・な・し」
・これだけはマスターしたい基本フレーズ(英語/中国語)
~挨拶、ご案内、謝罪、お見送りなど
・実践ロールプレイング
90分
[G] コミュニケーションスキルアップ研修
・お客様にも必ず伝わるチーム内コミュニケーション
・PDCAと報告・連絡・相談
・報告・連絡・相談の方法とタイミング
・指⽰命令の受け方、相談の仕方
・コミュニケーションスキルとしての報・連・相
90分