新刊・近刊

表紙画像

[新刊] 数字でみる観光 -2017年度版-

平成29年11月発行

観光の現状について、図表を中心にコンパクトにまとめたハンドブックです。
国内観光・国際観光を取り巻く現状を考える際に最低限必要なデータを掲載。観光関係者必携のハンドブックです。

表紙画像

[新刊] 平成28年度版 観光の実態と志向 -第35回国民の観光に関する実態調査-

平成29年3月発行

全国の男女(計4,500人)を対象に、宿泊観光旅行の動向と志向に関するアンケート調査を実施し、国民の観光旅行の実態や動向等をまとめたものです。昭和39年から実施している調査であり、平成13年以降は毎年行っております。過去の調査データの時系列分析などもとりまとめており、我が国の観光動向を40年以上のロングスパンで把握できます。また、全国的な動向調査に併せて、時宜にふさわしいテーマ性の高い調査を取り上げていますが、今回は、「国内宿泊観光旅行におけるSNS利用実態」をテーマとして取り上げました。各種観光施策推進のための重点資料として、また観光に関する基礎的な統計資料として、各方面からご活用されています。

表紙画像

[好評] 数字でみる観光 -2016年度版-

平成28年11月発行

観光の現状について、図表を中心にコンパクトにまとめたハンドブックです。
国内観光・国際観光を取り巻く現状を考える際に最低限必要なデータを掲載。観光関係者必携のハンドブックです。

表紙画像

[好評] 平成27年度版 観光の実態と志向 -第34回国民の観光に関する実態調査-

平成28年3月発行

全国の男女(計4,500人)を対象に、宿泊観光旅行の動向と志向に関するアンケート調査を実施し、国民の観光旅行の実態や動向等をまとめたものです。
昭和39年から実施している調査であり、平成13年以降は毎年行っております。過去の調査データの時系列分析などもとりまとめており、我が国の観光動向を40年以上のロングスパンで把握できます。また、全国的な動向調査に併せて、時宜にふさわしいテーマ性の高い調査を取り上げていますが、今回は、「繰り返し訪れる観光地の満足度と再来訪意向」をテーマとして取り上げました。各種観光施策推進のための重点資料として、また観光に関する基礎的な統計資料として、各方面からご活用されています。

表紙画像

[好評] 訪日外国人おもてなしガイドブック ~インバウンド虎の巻~

平成27年9月発行

日本を訪れる外国人旅行者(インバウンド)は、2014年には過去最多の1,341万3,467人となり、2015年に入ってからも爆発的な伸びを見せています。その中で、受け入れ体制をより強化、整備することが喫緊の課題となっています。
本書は、「これからインバウンドを受け入れていきたいが,どんなことら始めたらよいだろうか」「すでに体制は整っているが、さらに知識を深めていきたい」と考えている皆さまにお役立ていただきたい、という思いから企画・編集しています。インバウンド受入の必携書として、是非ご活用下さい。

表紙画像

[好評] 観光ボランティアガイド活動ハンドブック

平成27年1月発行

観光ボランティアガイド必携の書。観光ボランティアガイドを実践するため、おもてなしの心構えから、技術面まで解説しています。
訪日外国人旅行者受入のための新章を追加。

表紙画像

[好評] 産業観光の手法 ~企業と地域をどう活性化するか~

平成26年11月発行

産業観光推進会議」にて10年以上にわたり調査・研究活動を踏まえて、産業観光の手法を明らかにしたものです。

表紙画像

[好評] 平成22年度 全国観光動向 -都道府県別観光地入込客統計-

平成25年2月発行

着地データによる観光者の動向分析。各都道府県のデータに基づき,各都道府県の観光者数,主要観光地の観光者数を収録しています。

表紙画像

[好評] 地域観光協会『観光まちづくり』実態調査報告書

平成24年2月発行

地域の観光協会・連盟の組織実態や取り組みの現状を把握するとともに、新たに求められる“観光地域づくり”の担い手としての役割から、今後の課題や変革の方向性を明らかにすることを狙いに調査を行い、その結果をまとめています。

表紙画像

[好評]産業観光ビジネスモデルの手法~産業観光推進会議 第三次報告書~

平成22年7月発行

第一次、第二次報告書の検討・提言を踏まえ、「産業観光の事業化へ向けて」、「インバウンド資源としての産業観光の新たなマーケット開拓」をテーマにした報告書です。産業観光の現状と課題、産業観光の事業化へ向けた地域の取り組み事例、産業観光のビジネスモデル構築に向けて、産業観光の新たな可能性の4章からなり、第4章では異業種・異業態との連携も視野に入れた内容となっています。