八ッ田内七福神舞

ヤットウチシチフクジンマイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

福島県|本宮市

八ツ田内七福神舞は、元禄年間ごろに始まったとされ350年の伝統を誇る本宮市指定無形民俗文化財。農家をまわり、悪魔払い、家運隆昌、豊作を祈りながら笛太鼓と三味線の音をひびかせて舞い、小正月らしいにぎやかさがある。かつては小正月の行事として、近隣の村まで舞を披露していました。現在は、塩ノ崎地区の10軒で、伝統の踊りを継承し1月7日の夕方に地区内の家を回ります。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒969-1203 福島県本宮市白岩字塩ノ崎
問合せ先 本宮市観光物産協会
〒969-1192 福島県本宮市本宮字万世212本宮市役所商工観光課内
TEL 0243-24-5382
FAX 0243-34-3138
ホームページ http://www.city.motomiya.lg.jp

営業期間 開催
1月7日 18:30

アクセス ・JR東北本線本宮駅から車で25分

料金 無料

見学・所要時間 120分

保存者 七福神保存会
時期 1月上旬