春日神社岩戸神楽

カスガジンジャイワトカグラ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

福岡県|田川市

伝承される鬼面の一つには天保五年(1834)の銘が見られ、現存する豊前の神楽面の中では最も古い部類と言えます。刀の使い方も独特で、祝い事のある家々を廻る「神迎神楽」では、邇邇藝命のお供をする神々と猿田彦のせめぎ合いの最後に、鬼杖を刀で真っ二つに切る所作が見られます。また、「綱駈仙神楽」でも、蛇にたとえた大綱を刀で断ち切る場面があり、他の神楽には見られない特徴と言えます。いずれも迫力満点で、見るものの度肝を抜く演目です。

基本情報

所在地 〒826-0027 福岡県田川市宮尾町6-13
TEL 0947-42-1139

アクセス ・田川後藤寺駅から徒歩で5分

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財

保存者 春日神楽岩戸神楽保存会
時期 5月第4土曜日とその翌日の日曜日