大山祇神社抜穂祭

オオヤマヅミジンジャヌキホサイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

愛媛県|今治市

御田植祭で早乙女をつとめた16人の抜穂乙女が斎田に入り、春に植えた稲を刈り取り、神様に供え豊作を感謝する祭典です。また同日には、一力山が目に見えない稲の精霊と角力をとる一人角力(ひとりずもう)が奉納されます。 この一人角力は現在、愛媛県の無形民俗文化財に指定されています。 御田植祭と同様、斎田祭場の御桟敷殿に三基の神輿が神幸し、厳粛に祭儀が行われます。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
TEL 0897-82-0032
問合せ先 大山祇神社
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
TEL 0897-82-0032

営業期間 開催
2019年10月7日 旧暦9月9日に開催

アクセス ・JR今治駅からバスで60分大三島行き急行バスにて「大山祇神社前」下車、徒歩1分 大山祇神社前バス停から徒歩で1分
・しまなみ海道・大三島ICから車で15分

料金 無料

開催地 愛媛県今治市大三島町宮浦 大山祇神社
時期 旧暦9月9日

周辺のスポット情報