公益社団法人 日本観光振興協会

DMOなび - 観光地域づくりの新しい潮流に学ぶ -

トップページ>記事一覧

 

 

>>2017.3.31まで


2018.12.14
【第20回】DMO先進事例に学ぶ ケース16:一般社団法人豊の国千年ロマン観光圏(地域連携DMO)

2018.12.14
【第19回】DMO先進事例に学ぶ ケース15:公益社団法人ツーリズムおおいた(地域連携DMO)

2018.08.09
【第18回】DMO先進事例に学ぶ ケース14:一般社団法人南丹市美山観光まちづくり協会(地域DMO)

●『自然』そのものを地域の魅力に育てる

2018.08.09
【第17回】DMO先進事例に学ぶ ケース13:さまざまなマーケティングを生かして認知度向上からまちの盛り上がりへ(一般社団法人秋田犬ツーリズム)

●認知度向上のため「エッジの効いた」動画

2018.03.28
【第16回】DMO先進事例に学ぶ ケース12:公益財団法人するが企画観光局(地域連携DMO)

●マーケティングを基に、地域資源を加工して発信 CMOの考えが前向きな職員に徐々に浸透

2018.03.20
【第15回】DMO先進事例に学ぶ ケース11:一般社団法人みなかみ町観光協会(地域DMO)

●観光振興を町の最優先課題とし、さまざまな関係者が関わる組織を構築

2018.03.01
【第14回】DMO先進事例に学ぶ ケース10:一般社団法人あまみ大島観光物産連盟(地域連携DMO)

●「奄美らしさ」を発信し、体験してもらう仕組みづくり

2018.01.17
【第13回】DMO先進事例に学ぶ ケース9:一般社団法人高千穂町観光協会(地域DMO)

● オール高千穂で地域観光の未来を捉える

2017.12.19
【第12回】DMO先進事例に学ぶ ケース8:一般社団法人宮城インバウンドDMO(地域連携DMO)

既存の枠組みを突破し、スピード感をもって実現。民間企業の力を生かしてインバウンドで地域再生を

2017.11.17
【第11回】DMO先進事例に学ぶ ケース7:一般社団法人ノオト(地域連携DMO)

(一社)ノオトは、空き家となった古民家等の再生・活用を起点として、若者の地方回帰、雇用と内発型産業の創出に取り組んでいます。

2017.08.15
【海外DMO事例を紹介Vol.1】オーストリアチロル州にみる地域DMO先進事例

チロル州は面積12,640km²と日本の47都道府県の中で5番目に大きい新潟県と同じくらいの大きさであるが、人口は739,002人と人口密度がとても低い地域である。

2017.08.15
【海外DMO事例を紹介Vol.2】オーストリアチロル州における人材育成の取組

アルペンホスト協会はザルツブルクとチロルにある宿泊施設、特に家族経営の小規模な宿泊施設経営をサポートするための団体であり、宿泊施設の品質管理やマーケティングを中心としたセミナーやトレーニングプログラムを提供するためのアカデミーを運営している。

2017.08.15
【海外DMO事例を紹介Vol.3】ドイツにおける人材育成の取組

ドイツ連邦政府観光人材養成組織(DSFT)は1964年ベルリンにて設立され、ドイツの観光業において中心的な役割を担う研修機関である。

2017.08.10
【第10回】DMO先進事例に学ぶ ケース6:一般社団法人そらの郷(地域連携DMO)

徳島県西部(にし阿波)の美馬市・三好市・つるぎ町・東みよし町を活動エリアとするそらの郷は、「にし阿波~剣山・吉野川観光圏」の観光地域づくりプラットフォームとして2011年に設立され、2016年2月に日本版DMO候補法人として登録されました。

2017.07.06
【第9回】DMO先進事例に学ぶ ケース5:一般社団法人八ヶ岳ツーリズムマネジメント(地域DMO)

日本版DMO候補法人の登録数は、現在では140以上となっています。しかし、なかなかDMOとしての本格的な取り組みを始められない地域もあるようです。

2017.07.06
【第8回】DMO先進事例に学ぶ ケース4:一般社団法人近江ツーリズムボード(地域DMO)

日本版DMO候補法人の登録数も既に120を超えましたが、合意形成や役割分担、財源確保などをどのように行っていけばいいのか、悩んでいる地域も多いと思います。

トップへ