伊作太鼓踊り

イザクタイコオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

鹿児島県|日置市

伊作の太鼓踊りは、応永12年(1405年)伊作島津家第四代久義公のときに考案された、戦勝の踊りであると言い伝えられている。南方神社の正祭日である8月28日に毎年奉納され、踊り継がれて今日に至っている。昭和41年3月、県の文化財指定を受けている。太鼓を胸に6尺の矢旗とホロを背負った平打が勇壮に踊る。

基本情報

所在地 鹿児島県日置市吹上町南方神社
問合せ先 日置市教育委員会社会教育課
TEL 099-273-2111

文化財 県指定文化財

保存者 日置市吹上町
時期 8月28日~8月29日