安徳天皇墓所

アントクテンノウボショ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

史跡

鹿児島県|鹿児島郡三島村

【三島村指定文化財/墓石群】(硫黄島地区) 文治元年(1185)3月25日、長門壇の浦における源平の一大決戦で平家は滅び去った。このとき、二位の尼に抱かれて入水したはずの安徳帝が硫黄島に逃げのび、しかも後年、資盛の娘櫛匣の局をお后として隆盛親王が誕生した。その子孫が現在の長濱家であると言われている。寛元元年(1243)66歳で生涯を閉じた。(「三島村誌」)68歳でなくなった。(「鹿児島の湊と薩南諸島」)

基本情報

所在地 〒890-0901 鹿児島県鹿児島郡三島村 
問合せ先 三島村 教育委員会
〒892-0821 鹿児島県鹿児島郡三島村名山町12-18
TEL 099-222-3141
ホームページ http://mishimamura.com/

アクセス ・硫黄島港から徒歩で10分

時代 文治元年~寛元元年

周辺のスポット情報