汐かえ節

シオカエブシ

郷土芸能

鹿児島県|枕崎市

カツオの町、枕崎で歌い継がれるこの歌。  雑魚がものいうた  樽んなかの雑魚が汐さえ  かゆればオハラハー  死なんというた  枕崎のカツオ漁の漁場は南西諸島沿岸、エサは生きたキビナゴを使った。キビナゴを生きたまま運ぶには昼夜分かたない海水のくみ入れ、くみ出しをした。  「シケで風待ちの時、港で汐替えはひっきりなしにした。キビナゴが死んだらカツオは釣れない。夜、眠気を払うため、歌った」のが汐替節である。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒898-0012 鹿児島県枕崎市千代田町
問合せ先 森 寛六
〒898-0012 鹿児島県枕崎市千代田町68
TEL 0993-72-8522

保存者 森寛六
時期 不定