バナナのたたき売り

バナナノタタキウリ

郷土芸能

福岡県|北九州市門司区

明治後半、台湾からバナナ輸入が盛んになり、輸送の際キズついたバナナを早く売るため、専門の露店商が誕生した。ユーモラスな売り口上が話題となり、今は保存団体の手によって門司港レトロ地区で定期的に実演披露されている。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒801-0863 福岡県北九州市門司区 門司港レトロ地区

保存者 バナナのたたき売り保存会
時期 不定

周辺のスポット情報