椛川たたら踊り

カバガワタタラオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

香川県|高松市

たたらとは、鍛冶屋の大きなフイゴのことである。今から約400年前に、鋳物師が鋳物を鋳る時、椛川地区の若連中を呼んでたたらを踏ませた。たたらを踏んで作るのは、たいてい釣り鐘で、このたたらを踏む時に、踏み上げの調子を合わせるために歌われていたのが、たたら音頭である。たたらを踏む時には、大勢の人たちが見物に訪れ、音頭に合わせて踊ることもあったそうである。以来、たたらを踏む踊りという訳で「たたら踊り」と名付けられ、永く受け継がれてきた。

基本情報

所在地 香川県高松市塩江町椛川
問合せ先 高松市文化財課
〒760-8571 香川県高松市番町1丁目8-15
TEL 087-839-2660
ホームページ http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/6122.html

文化財 市指定無形民俗文化財
 指定年:1997 年