香翠座デコ芝居

コウスイザデコシバイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

香川県|高松市

香翠座は円座で栄えた人形芝居で、「円座ふくさ人形」とか「永井のデコ芝居」と呼ばれて有名であった。創始は、人形頭を入れた木箱の箱書きに「天保四年十月起」と大書してあり、天保4年(1833)に人形を遣って芝居をした一座である香翠座が結成されたことがわかる。高松藩の連枝、松平頼該(よりかね)(金岳公子・左近)が、人形一揃えと田地七畝のデコ地を香翠座に与え、末永く保存せよと援助奨励をし、現在に至っている。人形頭が昭和37年9月20日に香川県有形民俗文化財に指定されたのを契機に、伝統芸能の再興を願う地元民が保存会を結成し、後継者の育成と練習に励んでいる。

基本情報

所在地 〒761-8044 香川県高松市円座町1622-1 円座コミュニティセンター
TEL 087-886-4993
問合せ先 高松市文化財課
〒760-8571 香川県高松市番町1丁目8-15
TEL 087-839-2660
ホームページ http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/6118.html

文化財 県指定無形民俗文化財
 指定年:2004 年