国宝瑠璃光寺五重塔

コクホウルリコウジゴジュウノトウ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

山口県|山口市

この五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。 塔は、方三間で高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られます。 屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっており、非常にすっきりとした印象です。 室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。

基本情報

所在地 〒753-0081 山口県山口市香山町7-1
問合せ先 香山公園前観光案内所
〒753-0081 山口県山口市香山町6-11
TEL 083-934-6630


アクセス ・JR「新山口駅」からバスで30分 「県庁前」バス停から徒歩で10分
・中国自動車道小郡ICから車で20分

文化財 ・国宝

時代 室町時代
建築年 嘉吉2年(1442年)頃
  • クチコミを見る(30件) 旅行のクチコミサイト フォートラベル

  • 宿泊施設「みんなの満足度」「クチコミ」「ホテル満足度ランキング」は「旅行のクチコミ&比較サイト フォートラベルの提供によるものです。

周辺のスポット情報