名荷神楽

ミョウガカグラ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

広島県|尾道市

名荷神楽は,もとは荒神舞と称して,明治初年までは4年に1度の託宣をともなう荒神社の式年の神楽であった。ところが明治5年,太政官布により神職が託宣行事に関与することを禁じられたため,神楽から託宣を除き,民間の人々によって十二神祇神楽として今日まで伝承されてきたものである。演目のうち,「悪魔祓い」「三宝荒神宮繩」「剣舞」「王子」はよく古形を伝えるものと思われる。

基本情報

所在地 〒722-2417 広島県尾道市瀬戸田町名荷
問合せ先 (一社)尾道観光協会瀬戸田支部
〒722-2413 広島県尾道市沢200-5
TEL 0845-27-0051
FAX 0845-26-4001
ホームページ http://www.ononavi.jp/

アクセス ・三原港から船で25分 瀬戸田港からバスで10分
・しまなみ海道 生口島北ICから車で10分

保存者 名荷神楽保存会
時期 4月第1日曜日