説教源氏節人形芝居

セッキョウゲンジブシニンギョウシバイ

郷土芸能

広島県|廿日市市

地元で「でこ芝居」と呼ばれ、古くから親しまれている人形芝居。でこ芝居とは、説教源氏節の独特の語り口と三味線や太鼓などに合わせ、人形を操って芝居にするもの。 説教源氏節は、天保の終わりの頃(1830年~1844年)、名古屋の新内語りの師匠・岡本美根太夫によって始められた音曲で、明治20年頃この地に伝わった。舞台装置と人形を製作し、所作を考案して鑑賞芸術として発展させて今日に至っている。 説教源氏節は土地固有のものではないが、現在では全国で廿日市市原の「眺楽座」(ちょうらくざ)のみが伝えている。昭和50年に広島県無形民俗文化財に指定。平成12年10月には文化財保護功労者として文部大臣賞を受賞するなど、鑑賞芸術として各方面から高い評価を受けている。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒738-0031 広島県廿日市市原439-2
TEL 0829-38-0627
問合せ先 長田隆太郎、原市民センター(原公民館)
〒738-0031 広島県廿日市市原439-2
TEL 0829-39-0227
長田隆太郎0829-38-0627

営業期間 見学
月曜日 20:00〜22:00

見学・所要時間 60分

保存者 眺楽座
時期 随時

周辺のスポット情報