吉和太鼓踊り

ヨシワタイコオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

広島県|尾道市

建武3年(1336年)2月、足利尊氏が九州に走る途中、浄土寺観音に戦運挽回を折り併せて水軍の船頭をつのったとき、これに応じた吉和の人々は尊氏の水軍に属して数々の功績があった。同年5月5日尊氏は東上の際再び浄土寺に参詣したが、吉和の人々に対して厚く賞賜した。これを喜んだ人々は戦勝祝いの踊をおどって尊氏の東上を祝した。その後,悪疫流行の際に浄土寺観音に平癒を祈って、この踊を奉納したことがあった。時の流れによって一時中断したこともあったようだが、その伝統は650年後の今日に及んでいる。

基本情報

所在地 〒722-0007 広島県尾道市吉和西元町
問合せ先 尾道市観光課
〒722-8501 広島県尾道市久保1-15-1
TEL 0848-25-7184
FAX 0848-25-7293
ホームページ http://city.onomichi.hiroshima.jp/

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財

保存者 吉和太鼓踊保存会
時期 8月18日(隔年)