大島の傘踊り

オオシマノカサオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

岡山県|笠岡市

江戸時代から大島地区に伝わる盆踊り。大太鼓の伴奏、口説きの音頭にあわせて傘を持って踊る。鴨方城主細川通菫の百年忌法要の時、武道の型を取り入れた供養踊りを奉納していたところ、あいにくの夕立となり、刀に代えて雨傘を使用したのがこの踊りの起源といわれる。県指定無形民俗文化財。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒714-0033 岡山県笠岡市大島中7291-1(大島中学校グラウンド)
問合せ先 笠岡市商工観光課
〒714-8601 岡山県笠岡市中央町1番地1
TEL 0865-69-2147
FAX 0865-69-2185
ホームページ http://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/28/b-kasaodori.html
メールアドレス keizaikankou@city.kasaoka.okayama.jp

アクセス ・JR笠岡駅からバスで25分(竹田乗時線) 竹田 下車から徒歩で3分
・笠岡ICから車で25分

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財

保存者 大島の傘踊り保存会
時期 8月14日