若杉ざんざか踊

ワカスザンザカオドリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

兵庫県|養父市

若杉ざんざか踊は、若杉地区の三柱神社で毎年8月16日に行われます。 大和十津川の住人が大屋町に流れ着き、村で流行していた大難の病気を平癒するため、氏神様に踊りを奉納したことから始まったと伝えられています。 色鮮やかな装束と花笠を身につけた踊り手が、太鼓の音色に合わせて、古式ゆかしくあでやかな舞を披露します。 太鼓を叩きながら座って踊る「座り踊り」は独特で、別名「姫踊り」と呼ばれるほど優雅な踊りです。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒667-0323 兵庫県養父市大屋町若杉
問合せ先 やぶ市観光協会
〒667-0043 兵庫県養父市八鹿町高柳241-1
TEL 079-663-1515
FAX 079-663-1501
ホームページ http://www.yabu-kankou.jp/

営業期間 開催
8月16日 13:00〜16:00 毎年

アクセス ・北近畿豊岡自動車道養父ICから車で35分

料金 観覧料無料

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財

開催地 兵庫県養父市大屋町若杉 三社神社

周辺のスポット情報