羯鼓踊り(川合町)

カッコオドリカワイチョウ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

三重県|亀山市

川合町の羯鼓踊りは、雨乞い、豊作を祝って踊ったといわれる。時には雨乞いをし、また、天災事変、飢餓、悪疫等の厄除け祈願として踊ったとも伝えられている。中央の大行燈(しだれやなぎ)を囲んで若衆が羯鼓を抱え両手のバチで羯鼓を打ちながら、唄妻や大太鼓・ほら貝・横笛などに調子を合せて勇壮に踊る。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒519-0103 三重県亀山市川合町
問合せ先 亀山市市民文化部文化振興局まちなみ文化財室
〒519-1192 三重県亀山市関町木崎919-1
TEL 0595-96-1218
FAX 0595-82-2414
ホームページ http://www.city.kameyama.mie.jp/
メールアドレス bunkazai@city.kameyama.mie.jp

文化財 市指定無形民俗文化財

保存者 川合町保存会
時期 10月上旬
その他 町内の神社に奉納