大海の放下

オオミノホウカ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

愛知県|新城市

放下は正しくはホウゲといって総ての執着を放下する意味。高野山の数多い聖達の中に、一切の執着を放下して専心に念仏を唱えた一団があった。此の人達が全国津々浦々まで行脚して、都の出来事や各地の珍しい行事の模様などを織りまぜながら、仏の教を伝えたのが放下僧の起り。そして放下僧と言う形態は何時の間にか消え去り、村人達の美しい盆の行事として、室町、鎌倉時代の譚歌を念仏と共に伝えているのが放下である。

基本情報

所在地 〒441-1315 愛知県新城市大海地内
問合せ先 設楽原歴史資料館
〒441-1305 愛知県新城市竹広字信玄原552番地
TEL 0536-22-0673

アクセス ・JR飯田線大海駅から徒歩で10分 新東名高速道路新城ICから車で5分

保存者 大海ほうか保存会
時期 8月14・15日

周辺のスポット情報