半原文楽奉納

ハンバラブンラクホウノウ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

岐阜県|瑞浪市

江戸時代中期の宝永(1704)の頃、淡路の人形使いが半原に訪れた際、村人に伝授したのが始まりと言われる操り人形浄瑠璃。一体の人形を複数の人で巧みに操る様子は観る人を魅了させます。

基本情報

所在地 〒509-6251 岐阜県瑞浪市日吉町4957番地
問合せ先 瑞浪市スポーツ文化課
〒509-6132 岐阜県瑞浪市明世町山野内1-47
TEL 0572-68-7710
化石博物館内
FAX 0572-66-1122
ホームページ http://www.city.mizunami.lg.jp/docs/2014092903345/
メールアドレス sportsbunka@city.mizunami.lg.jp

営業期間 開催
2019年4月14日 ※予定 4月14日に近い日曜日

アクセス ・JR瑞浪駅から車で15分
・中央道瑞浪ICから車で15分

料金 無料

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財:半原文楽
・都道府県指定重要有形民俗文化財:浄瑠璃に使用する人形の頭と衣裳

開催地 半原日吉神社

周辺のスポット情報