山祇神社獅子舞

サンギジンジャシシマイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

東京都|西多摩郡奥多摩町

小留浦山祇神社の獅子舞は、鎌倉時代の寛元3年(西暦1245年)に内裏にて始められ、文明年間(西暦1480年頃)小留浦に伝えられました。近隣の獅子舞としては最も歴史が古く、東京地方の元祖と言われ、小留浦より檜原の藤倉、小河内の原・河内、相模原下九沢・上大島、等々各地に伝えられました。平成21年に、多摩地方の獅子舞の変遷を示すものとして重要であるとの事から東京都指定無形民俗文化財となりました。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町小留浦
問合せ先 奥多摩水と緑のふれあい館
TEL 0428-86-2731
FAX 0428-86-2732

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財:平成21年指定

保存者 小留浦獅子舞保存会
時期 8月第4日曜日