高木の獅子舞

タカギノシシマイ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

東京都|東大和市

高木の獅子舞は江戸時代より、毎年九月十九日の高木神社の祭礼に奉納されました。 昔、悪疫が流行したとき、その退散を祈願して踊られたのが始まりと伝えられています。 獅子舞の道具一式は市郷土資料となっています。 昭和31(1956)年までは、大祭で奉納されていたが、その後途絶えて、平成6(1994)年になって復活しました。 平成25年の第44回東京都民俗芸能大会「東京~川辺の芸能」において披露されました。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒207-0005 東京都東大和市高木2-104(高木神社)
問合せ先 東大和市産業振興課
〒207-8585 東京都東大和市中央3-930
TEL 042-563-2111
内線1074
FAX 042-563-5927
ホームページ http://www.city.higashiyamato.lg.jp
メールアドレス sangyoushinko@city.higashiyamato.lg.jp

営業期間

アクセス ・西武バス「塩釜神社前」から徒歩で4分高木神社