秩父神社神楽

チチブジンジャカグラ

郷土芸能

埼玉県|秩父市

秩父地方にはいくつかの神楽の系統があるが、中でも秩父市・皆野町・長瀞町にわたって広く分布し,その主流をなしているのは、秩父神社系の神楽である。その創始は詳らかでないが、江戸時代初期の寛永年間(1624~43)、当時有名な能役者によって舞いのくずれたのを正したと伝えられる。神楽は黙劇だが、演目の中に演劇的な表現が多いのが特徴であり、その題材を神話に求める神代神楽であるが、江戸時代には講中の神楽奉納も盛んで、太々神楽の名称もある。古くは一曲一座で75座とも称したが、現在は一曲一座で35座ある。この神楽師は市内の氏子がつとめる。

基本情報

所在地 〒368-0041 埼玉県秩父市番場町1-13秩父神社
TEL 0494-22-0262

アクセス ・秩父鉄道秩父駅から徒歩で3分
・西武鉄道西武秩父駅から徒歩で10分

文化財 国選択無形民俗文化財
 指定年:1975 年

保存者 秩父神社神楽保存会
時期 2月節分/4月4日/7月20日/12月2・3日