下小坂の獅子舞(白鬚神社)

シモオサカノシシマイシラヒゲジンジャ

郷土芸能

埼玉県|川越市

7月15日前後の日曜日に行われる、白鬚神社境内に祀られている天王様の行事である。獅子は、大獅子・中獅子・小獅子の3頭で舞手をシシクルイッコという。その外仲立ち1人、ササラッコ4人の他、棒使い2人がおり、全て少年が演じる。自治会館から「道くだり」の笛にのって白髭神社に向かう。参道では笛の音が「唐人くだり」の曲に変わり、境内に入る。最初に棒使いによる棒術が演じられた後、獅子が舞い始める。舞が終わると、参加者が境内を巡って「千秋楽」の言葉を唱え、手締めをして終わる。

基本情報

所在地 〒350-0812 埼玉県川越市下小坂1002
問合せ先 川越市カワゴエエキ観光案内所
〒350-8601 埼玉県川越市脇田町24‐9
TEL 049-222-5556

アクセス ・東武東上線川越駅(本川越駅)バス東武バス若葉駅行き「東洋クオリティワン入口」下車徒歩5分

文化財 市町村指定無形民俗文化財
 指定年:2002 年

開催地 川越市下小坂 白鬚神社
時期 7月15日前後の日曜日
保存者 下小坂獅子舞保存会