安中中宿糸繰り燈籠人形

アンナカナカジュクイトアヤツリトウロウニンギョウ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

群馬県|安中市

300年余の昔から安中の農民により伝承されてきた全国唯一の民俗芸能。人形の腹部にカンテラを入れて糸で操るので「がんどう人形」の別名がある。人形は約75.9cmで骨組みは竹か藤でつくられその上に和紙を貼る。人形の腹部にカンテラを入れ点灯し、これを糸繰り仕掛けによって動かし、曲芸的な演技や歌舞伎芝居を演じる。貴重な民俗芸能として、海外の博物館に出品されたこともある。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒379-0115 群馬県安中市中宿
問合せ先 文化財保護課文化財活用係
〒379-0123 群馬県安中市上間仁田951
TEL 027-382-7622
FAX 027-382-7622

文化財 ・国定重要無形民俗文化財

保存者 中宿芸能保存会
時期 不定