下長磯操翁式三番叟

シモナガイソアヤツリオキナシキサンバソウ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

群馬県|前橋市

三番叟は五穀豊穣、安全祈願の神事芸能で、浄瑠璃系の人形によって演ぜられる、人形のカシラは翁、千歳、三番叟があり江戸時代中期の作である。舞終了後面箱の下をくぐると一年間災を免がれると信じられている。神事は保管蔵から出され境内をわたり、拝殿で出端、千歳の舞い、翁の舞い、三番叟の舞い、面箱くぐりで終了する。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒379-2151 群馬県前橋市下長磯町281
問合せ先 前橋市教育委員会文化財保護課
〒371-0853 群馬県前橋市総社町3-11-4
TEL 027-280-6511
FAX 027-251-1700

アクセス ・駒形駅からタクシーで10分

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財

保存者 下長磯操翁式三番叟保存会
時期 4月15日

周辺のスポット情報