布佐神楽

フサカグラ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

岩手県|一関市

文久3年,相川村(現一関市相川)の千葉希治,千葉作右エ門を師として伝えられ更に明治8年,松川村(現東山町松川)の法印菅野典善を師として継承した法印神楽である。以後,これを基本に伝説や民話,物語等を神楽用に脚色した,セリフ神楽を演目に加え,それを演じて一般の人々の興味をそそり,神楽を芸能,大衆化してきた。この地方独特の神楽として呼称される「南部神楽」の一つでもある。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒029-0201 岩手県一関市川崎町門崎字布佐地内
問合せ先 一関市川崎支所地域振興課
〒029-0202 岩手県一関市川崎町薄衣字諏訪前137
TEL 0191-43-4021
FAX 0191-43-2550
メールアドレス kawashinko@city.ichinoseki.iwate.jp

アクセス ・陸中門崎駅から車で5分
・一関ICから車で45分

保存者 布佐神楽保存会
時期 随時