大乗神楽

ダイジョウカグラ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

岩手県|北上市

大乗神楽は、修験山伏の手で伝承されていた獅子神楽の一つで、手次(手の振り付け)や踏み足、九字(加持祈祷するときの九つの手の結び方)など修験の呪法をきちんと行う祈祷色が濃い神楽です。 岩手県内では、主に内陸部に位置する北上・花巻地方に伝承されています。 同じ山伏神楽の早池峰神楽(国指定)とは、演目の名称も舞い方も全く異なり、早池峰神楽が神道色の強い「動」の神楽とすれば、大乗神楽はゆるやかな所作の仏の教えを伝えようとする「静」の神楽ともいえます。 和賀の大乗神楽(和賀大乗神楽・村崎野大乗神楽・宿大乗神楽・上宿大乗神楽・笹間大乗神楽(市外)計5団体)は岩手県無形民俗文化財に指定されています。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 岩手県北上市
問合せ先 北上市教育委員会 文化財課
〒024-0043 岩手県北上市立花14-62-2
TEL 0197-65-0098
FAX 0197-64-1759