大宮さんさ踊り

オオミヤサンサオドリ

郷土芸能

岩手県|盛岡市

東顕寺の三ツ石にまつわる伝説をさんさ踊りの由来譚として結びつけ伝えている。伝わるさんさ踊りは22演目であるが、中踊り(囃子舞)なども伝承されている。(7演目)その他に「折敷舞」、「盛岡万才」などがある

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字鬼柳
問合せ先 盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会(盛岡市教育委員会歴史文化課内)
〒020-0835 岩手県盛岡市津志田14-37-2
TEL 019-639-9067
FAX 019-639-9047
ホームページ http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009335/1009351/1009352.html
メールアドレス edu.bunka@city.morioka.iwate.jp

文化財 ・都道府県指定重要無形民俗文化財
 指定年:2011 年 5月

保存者 大宮さんさ踊り保存会
時期 大宮神社奉納他