乙部さんさ踊り

オトベサンサオドリ

郷土芸能

岩手県|盛岡市

この踊りは、各市町村で数多く保存会があり、太鼓のリズム、踊り方など、保存会によっていろいろと異なっています。乙部さんさ踊りは、獅子踊りと共に、江戸末期から始まったといわれています。踊りながら前進、後退するという形は、他に例を見ない踊りといわれています。踊りの数は多く、現在20種類ほど伝えられています。保存会の方が中心となり、地域の若者や子供たちにも伝承され、現在にいたっています。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒020-0403 岩手県盛岡市乙部
問合せ先 盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会(盛岡市教育委員会歴史文化課内)
〒020-0835 岩手県盛岡市津志田14-37-2
TEL 019-639-9067
FAX 019-639-9047
ホームページ http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009335/1009358/1009359.html
メールアドレス edu.bunka@city.morioka.iwate.jp

文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
 指定年:1989 年 8月

保存者 乙部さんさ踊り保存会
時期 随時
8/14 如法寺祖先供養奉納 9/3 小坂稲荷神社祭典