八ッ口神楽

ヤツクチカグラ

郷土芸能

岩手県|盛岡市

天台系熊野派修験の山伏によって伝えられた山伏神楽、寛政年間が起源と言われる。八つ口神楽の舞は勇壮で動きが激しいのが特徴で、舞振りの中に法印手法をもち、それにより悪事災厄等を祓い平安を祈祷したと伝えられている。また超自然的な霊力として権現様と称する獅子頭を奉持して五穀豊穣等を祈祷している。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒020-0053 岩手県盛岡市上太田八ッ口
問合せ先 盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会(盛岡市教育委員会歴史文化課内)
〒020-0835 岩手県盛岡市津志田14-37-2
TEL 019-639-9067
FAX 019-639-9047
ホームページ http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009335/1009358/1009359.html
メールアドレス edu.bunka@city.morioka.iwate.jp

文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
 指定年:1984 年 4月

保存者 八ッ口神楽保存会
時期 随時
9/5例大祭