高江柄念仏剣舞

タカエガラネンブツケンバイ

郷土芸能

岩手県|盛岡市

この踊りは別名「念仏阿修羅踊り」とも呼び、遠く聖徳太子の時代に始まるといわれる。昔大和の天王寺で行われた盂蘭盆会の供養踊りから発して、諸人に習わせ、踊らせたのがこの剣舞の始まりと伝えらていている。天徳3年に当地の外倉佐平治に伝わり、以来慶応の頃まで盛んに踊られてきた。その後、明治42年頃まで中断されていたが、明治43年公開披露し、今日に至っている。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒020-0404 岩手県盛岡市大ヶ生(高江柄)
問合せ先 盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会(盛岡市教育委員会歴史文化課内)
〒020-0835 岩手県盛岡市津志田14-37-2
TEL 019-639-9067
FAX 019-639-9047
ホームページ http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009335/1009358/1009359.html
メールアドレス edu.bunka@city.morioka.iwate.jp

文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
 指定年:1976 年 7月

保存者 高江柄念仏剣舞保存会
時期 8/16