城内さんさ踊り

ジョウナイサンサオドリ

郷土芸能

岩手県|盛岡市

その昔、大ケ生城主が先祖の霊を慰め、豊作祈願のために、当時最も盛んであった三本柳さんさ踊りの方から教えを受け、はじまったものといわれています。信仰的なものであり、盆になると菩提寺龍源寺に集まり、夜を通して踊りあかしました。明治の頃は、大変盛大でしたが、昭和に入って戦争のため中断されました。昭和29年、伝統を守るため有志によって復活し、改良を加えて現在にいたっています。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒020-0404 岩手県盛岡市大ヶ生
問合せ先 盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会(盛岡市教育委員会歴史文化課内)
〒020-0835 岩手県盛岡市津志田14-37-2
TEL 019-639-9067
FAX 019-639-9047
ホームページ http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009335/1009358/1009359.html
メールアドレス edu.bunka@city.morioka.iwate.jp

文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
 指定年:1976 年 7月

保存者 城内さんさ踊り保存会
時期 お盆
龍源寺に詣で、各家々を廻って踊り歩く。 大ヶ生金山の里縄文まつりにも参加