上飯岡念仏剣舞

カミイイオカネンブツケンバイ

郷土芸能

岩手県|盛岡市

元亀3年に志和御所、斯波詮元の侵略に遭い、この地の館主飯岡庄太郎高好の一族が滅亡の悲運に見舞われた。そして夜な夜な飯岡氏の定紋を打った武者の亡霊が成仏できぬ悲しみを訴え幽鬼となって彷徨して里人を悲しませていたが、三回忌に祈願を念め伝承の念仏剣舞を奉納したところ鎮まったとされる。今は14日長善寺供養が行われるほか、新盆の家などに呼ばれ追善供養の舞を捧げる。また面を付けずに、念仏を唱えながら舞う。

基本情報
※2019年10月1日からの消費税率引上げに伴い、掲載の料金が実際の料金と異なる場合があります。

所在地 〒020-0854 岩手県盛岡市上飯岡
問合せ先 盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会(盛岡市教育委員会歴史文化課内)
〒020-0835 岩手県盛岡市津志田14-37-2
TEL 019-639-9067
FAX 019-639-9047
ホームページ http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009335/1009358/1009359.html
メールアドレス edu.bunka@city.morioka.iwate.jp

文化財 ・市町村指定重要無形民俗文化財 
 指定年:1987 年 5月

保存者 上飯岡念仏剣舞保存会
時期 8月14日
長善寺