義経北行伝説

ヨシツネホッコウデンセツ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

地域風俗

青森県|八戸市

平泉で自害したとされる源義経は、実は追討を逃れて北へ向かい、八戸から北海道を経て大陸に渡り、モンゴル帝国の祖・チンギス・ハーンになったという伝承「義経北行伝説」。 義経が上陸したとされる種差海岸、上陸後に休憩したと言われる熊野神社や、義経が写経されたとされる小田八幡宮の大般若経、おがみ神社に残る義経の正妻のものとされる手鏡など、多くの伝承が残っています。 また、市内・三嶋神社周辺には義経を一時かくまっていた場所として「源氏囲内(げんじかこいない)」という地名も残っています。

基本情報

所在地 〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目
問合せ先 八戸市まちづくり文化スポーツ観光部観光課
〒031-8686 青森県八戸市内丸1-1-1
TEL 0178-46-4040
FAX 0178-46-5600
ホームページ http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/27,61503,90,html
メールアドレス kanko@city.hachinohe.aomori.jp