知床いぶき樽

シレトコイブキタル

郷土芸能

北海道|目梨郡羅臼町

「知床」それはアイヌ語で地の涯という。半島の中央部に位置し、前は根室海峡、そして手にとるように国後島が横たわっている。背後には知床連山、海と山の間に長く人家が続く羅臼町。ここの歴史はいつも自然との闘いであり、語らいであった。人々は祝いの場、大漁の時、酒を飲み手近にある樽をたたいて、人から人へと受け継がれ、知床の四季の喜怒哀楽を樽の音にのせて若者が力強くたたくのである。

基本情報

所在地 北海道目梨郡羅臼町
TEL 0153-87-2004
FAX 0153-87-2256
問合せ先 羅臼町教育委員会 社会教育課
〒086-1823 北海道目梨郡羅臼町栄町102番地羅臼町公民館
TEL 0153-87-2004
FAX 0153-87-2256

保存者 知床いぶき樽保存会