吾妻神社の馬だし祭り

アズマジンジャノウマダシマツリ

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

行・祭事

千葉県|富津市

吾妻神社は、海神の怒りをしずめるため荒れ狂う走水(現在で言う東京湾浦賀水道)に身を投げ、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征をを助けた弟橘媛(オトタチバナヒメ)を祭神としている。入水した弟橘媛の櫛が岩瀬海岸に流れ着き、それをどこからともなく現れた馬がくわえて神社のある「おやま」にかけあがったとされ、それにちなんだ神事を「馬だし」と言う。吾妻神社の神殿で御霊を移した「オンベ」を馬の上に立て、「オメシ」と呼ばれる最高至貴の馬の手綱とたてがみを若者がつかみ、砂浜を駆け抜ける勇壮な神事として見物客が集まっている。この「馬だしまつり」が平成29年千葉県無形民俗文化財に指定された。

基本情報

所在地 〒293-0043 千葉県富津市岩瀬
問合せ先 富津生涯学習課
〒293-8506 千葉県富津市下飯野2443
TEL 0439-80-1342
ホームページ http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000610.html

営業期間 開催
2018年9月16日日曜日 馬だしの神事は14時頃

アクセス ・JR大貫駅から徒歩で10分

開催地 吾妻神社、岩瀬海岸
※馬だしの神事は岩瀬海岸

周辺のスポット情報