研修メニューから最新情報まで、観光人材育成のための総合サイト

設立趣旨

観光立国実現に向けて、観光産業界における人材の確保に加えて、観光地域づくり・日本版DMO形成における専門人材の育成が急務となっています。

当協会においても、産学連携や観光ボランティア育成及び観光地域づくり人材育成等の事業を実施してきましたが、このたびこれまでの事業をべースとして、総合的に体系化し、人材育成事業の一層の強化を図るため新たに『日本観光振興アカデミー』を設立することといたしました。今後研修メニューから先進事例紹介・最新情報まで人材育成に関する情報をワンストップで提供していきます。

日本観光振興アカデミー学長 挨拶

公益社団法人日本観光振興協会
日本観光振興アカデミー学長
清水 哲夫

 観光はいまや世界の成長産業です。特に東アジア地域は、その成長センターとしての役割を持っています。そんな中で日本は、観光立国を卒業して真に観光先進国となるために、成長センターの果実を得るべく意欲的な目標を立てています。そのためには、地域資源をフル活用し、あるいは新しい資源を作り出し、何度訪れても新たな発見がある奥深い地域を作っていかなければなりません。
 しかし、地域に目を向けると、このような観光地域づくりを担う人材が質・量共に不足していて、このままでは豊富に実ろうとしている果実を収穫し損ないかねません。全国の多くの大学で、この10年間に渡って観光人材の育成に力を入れてきましたが、卒業生が地域観光振興に中心的役割を発揮するのはまだ先ですし、そもそもカリキュラム体系も十分に確立されている訳ではなく、依然として手探り状態が続いていると言ってよいでしょう。
 現在、多くの地域でDMOが認定され、あるいは設置が検討されています。しかし、DMOを設置してみたものの、専門性を持ったスタッフの確保は簡単ではなく、現有スタッフをいかに教育するかが、短期的には最重要の取り組みになるはずです。
 日本観光振興アカデミーは、このような課題を抱える地域を支援するために、DMOなどの地域観光振興組織のマネージャーや専門スタッフに対する様々なレベル・分野の教育プログラムを開発し、地域からの要望に応じて研修パッケージとして提供いたします。地域の皆様におかれましては、積極的にご活用下されば幸いです。

2018年度 日本観光振興協会(日観振アカデミー)教育研修事業一覧

EXCEL版はこちら

▼人材育成事業
事業名 事業概要 進捗状況 対象者
Ⅰ. 産学連携推進事業
産学連携寄附講義 各大学にて、観光事業従事者によるオムニバス形式での講義を実施。
各大学のテーマに沿った講師を紹介し、大学側とともに講義をつくる。
上期:京都大学開講
下期:首都大学東京、一橋大学、山形大学。9月開講予定
観光業に興味を持っている大学生、大学院生
観光経営トップセミナー ・観光関連産業のトップリーダー及び幹部候補生のリーダーシップと経営力の要請
・トップリーダー候補生に相応しい広い視野、大所高所の知見を持つことへの意識改革
・将来に役立つ人脈づくり
・7月~8月に渡り9日間で実施予定。
・12月に論説文発表会を実施予定
①観光関連企業におけるミドルマネジメント層(業歴10~15年以上)
②経営陣による選考を経て推薦される幹部候補生
※受講者については、審査がある
支援事業説明会 ・当協会のマーケティング・人材育成支援事業の説明会 中国四国エリア(岡山)、九州エリア(福岡)の2地域にて開催予定 協会会員 観光行政担当者
Ⅱ. 地域の担い手となる観光人材の育成事業
観光地域づくり人材育成研修 観光地域づくりを担う人材を育成するため、地域における観光人材の育成研修を地域との協同により実施。 ・観光地域づくり人材育成研修(30箇所)
 (5/18支援地域公募案内発送済)
観光に関心があり、研修会を開催を検討している都道府県・各観光連盟(協会)、地方自治体
▼観光地域づくり支援基金事業
事業名 事業概要 進捗状況 対象者
Ⅰ. 観光人材の育成事業
集合研修の開催 DMOの設立を目指す地域の担当者、実践者等の知識・知見の向上を図る ・WEBマーケティング研修 DMOの設立を目指す地域のDMO担当者(地方自治体及び観光協会)、団体組織・実践者
Ⅱ.観光立国を実現するための産業連携と国民運動の展開事業
「観光立国タウンミーティング」開催事業 観光の果たす役割と効果について広く一般市民への理解の促進と、産官民の意見交換を図るミーティング ・2018年12月開催予定(災害発生時の旅行者の対応について) 地域住民 観光行政担当者 観光産業関係者
Ⅲ.東京オリンピック・パラリンピック対応受入体制整備事業
観光ボランティアガイドの育成、支援事業 東京オリンピック・パラリンピックに向けて、重要性の高まる観光ボランティアガイドの技術向上、育成を支援するために、連絡協議会開催・団体調査事業・人材育成事業を実施する。 ・都道府県観光ボランティアガイド連絡協議会代表者会議 2月に東京にて開催予定 観光ボランティア 観光ボランティア団体 行政担当者
心のバリアフリー啓発事業 観光振興団体である当協会は外国人に対するバリアを取り除くべく「心のバリアフリー」啓発事業を行う。 ・飲食業向け冊子作成 心のバリアフリー実施団体
▼受託事業(省庁)
事業名 事業概要 進捗状況 対象者
地方創生カレッジ 「いつでも」「誰でも」「どこでも」観光産業等を学ぶためのコンテンツを作成、提供 「連携・交流ひろば」へのイベント情報・講座への「Q&A」提供・講座PRチラシ作成 DMO関係者 観光産業従事者 地方創生担当者
DMOネット 観光地域のマネジメント・マーケティングを「誰でも、簡単に、効果的に」実施できるよう支援し、DMOと民間企業等とのマッチングやDMO間での連携・交流の促進を図る。 DMOネットの運営、支援 DMO事業者、民間企業
▼マーケティング支援事業
事業名 事業概要 進捗状況 対象者
観光予報プラットフォーム 日本版DMO形成 観光地域づくりを支援する宿泊データをベースとしたマーケティングツール ・有料会員獲得 データ利用促進
・活用コンテスト開催
都道府県、地方自治体等「観光予報プラットフォーム」を使用検討団体